入居前の審査に通らない時は家賃保証会社の力を借りよう

手のひらの上の家

家賃保証会社を利用すれば高齢者の方も家を探しやすい

不動産の金額計算

高齢者が家を借りる時に困るのが、連帯保証人を立てることです。そもそも高齢者だと年金生活などで収入が少ない人が多く、家を借りるのが難しい場合もあります。それに加えて、身近で連帯保証人になってくれる人を探す必要があるため、高齢者が家を借りるのはなかなか大変です。しかし家賃保証会社を利用すれば、高齢者でも安心して家を借りることが出来ます。
家賃保証会社とは、借り主が何らかの理由で家賃の支払いが出来ない場合に、借り主の代わりに家賃の支払いを行ってくれる会社です。もちろん後日、家賃保証会社に対して、立て替えて払ってもらった家賃を返す必要があります。高齢者のメリットとしては、家賃保証会社が連帯保証人になってくれるため、連帯保証人を探す必要がなくなります。
貸し主のメリットとしては、家賃保証会社が連帯保証人となることで、家賃の回収の確実性が上がるため、家賃滞納リスクを軽減出来ます。そのため、高齢者でも家を借りやすくなり、貸し主と借り主である高齢者のどちらにとってもベストな関係を築く事が出来ます。保証会社に連帯保証人を依頼するためには、家賃に応じた保証料を支払う必要があるので、契約の際にしっかりと確認が必要です。

pick up